2009年10月30日

覗き

前回までの修学旅行ネタに関連する内容を今回紹介する。内容としては、友人Nの双眼鏡を使った覗きについてである。


友人Nの家の近所・・・かな?近所というには遠すぎるかもしれないが、おおよそ500mぐらい離れた場所に中学校があった。友人Nの部屋からはプールが何の障害もなく、見れる場所にあった。ただし、肉眼では少々遠すぎる。でっ、登場するのが、あの双眼鏡である。

あるとき、友人Nが体調不良で学校を休むと、Nの母親から連絡があった。あの元気だけが取り柄の友人Nが休む?!ということで、少々心配となり学校帰りにみんなでお見舞いに行くことにした。

ばくたちは友人Nの家へお見舞いに行き、部屋へ通された。そこには寝転がってはいたが、元気そうな友人Nがいた。そして、ベッドの傍らには高倍率の双眼鏡が・・・。これは何に使うんだと疑問に思いつつ、友人Nの部屋の窓から外の景色を眺めた。そこから見えるものといったら、遠くにある中学校のプールぐらいしかなかった。

もしやと思い、友人Nに双眼鏡の使い道を聞いてみた。最初はバードウォッチングとかいってごまかそうとしていたが、そうは問屋が卸さない。体調不良で寝てる人の枕元に双眼鏡・・・その状況について問い詰めると、とうとう真実を語った。友人Nは学校をずる休みして、一日中プールを覗いていたようだ。ただ、いくら双眼鏡を使っても、男子か女子かを判断するにも水着でしか難しいぐらいしか見えないので、悔しがっていたらしい。

友人Nよ・・・実行に移す前に、まずは下調べをしようぜ!

今回の教訓・・・当たって砕けろ精神は成果が乏しい(d゚ω゚d)オゥイェー♪

PS.今回書いていて、このネタはオチがなかった。単なる暴露話になってしまい反省・・・友人Nよ、許してな(´Д`人)ゴメンネ☆


|彡サッ


posted by ぶー at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。