2009年10月26日

Nの修学旅行H

修学旅行で一番印象に残ったことはNの寝相の悪さである。友人Nの寝相の悪さは本当にひどかった。今回はその寝相の悪さについて語ろうと思う。

ぼくたちの部屋は和室であり、その晩は4つふとんをならべて寝ることとなった。4つのうち一番端のふとんが友人Nの寝る場所であった。消灯の時間となり、みんな静かに眠った。数十分後、とうとう友人Nが活発に動き始めた。ふとんの端から端までぐるぐると転がりながら移動するのだ。しかも、端までたどり着いたら、今度は逆に回転を始めるのだ。

ぼくは一瞬、友人Nが起きているではないかと疑ったが、顔をじっくり観察しても起きている気配はまったくない。やはり寝てるんだ・・・だったら、この寝相は素!?「この状況はあり得ない」・・・ぼくは、暗い部屋中で友人Nを避けるように座りながらつぶやいた。

今回の教訓・・・恐るべし、友人Nの寝相(d゚ω゚d)オゥイェー♪


|彡サッ


posted by ぶー at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nの修学旅行G

今回も、またまた友人Nの修学旅行での出来事について語ろうと思う。


前回の救急車事件でぼくたちは、廊下で正座させられた。ぼくたちは廊下に横一列で正座しながら、先ほどの続きをわいわいがやがや話していた。初めは真面目に正座していたのだが、待てど暮らせど先生は来ない。いつしか正座も解いて、あぐらをかいたり寝転がったりするものも出てきた。

先生がまったく来ないのをいいことに、友人Nが部屋からお菓子を持ってきた。そして、ぼくたちは輪になって宴会をはじめた。これが明け方まで続いた。さすがに眠たくなったぼくたちは、ゴミなどを片付け廊下で眠った。

先生が登場したのは、それから間もなくした頃だった。昨晩正座させた先生が開口一番、「お前たち、こんなところで何やっとるんだ!」と言った。当然、ぼくたちは全員でその先生にツッコミを入れたのは言うまでもない。

今回の教訓・・・忘れっぽい先生に気をつけろ!(d゚ω゚d)オゥイェー♪


|彡サッ


posted by ぶー at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。