2009年10月21日

Nの修学旅行C

今回も友人Nの修学旅行での出来事について語ろうと思う。


今回の舞台も昨日同様、海沿いのホテル。このホテルには有料放送を見ることができるテレビが各部屋に設置されていた。しかし、引率の先生方も考えたようで、100円硬貨の投入口にうすいティッシュを貼り、少しでもそれをはがそうとすれば簡単に破れてしまうというような方法で、ぼくたちが有料放送を視聴できないようにしていた。

みんなが有料放送の視聴をあきらめる中、友人Nだけは違った。なんとかして見れないものかと、いろいろ試行錯誤していた。後ろの配線を触ってみたり、ティッシュがきれいにはがせないかと試してみたり・・・。ただ、どの方法でも有料放送を見ることができず、とうとうあきらめて100円硬貨を投入するボックスを上から押しながら立ち上がろうとした。その瞬間、接触の関係が原因と思うがテレビの画面が砂嵐ではなく、肌色のものが見えるようになった。またもや友人Nはぼくたちの英雄になった。そして、友人Nと同部屋のぼくたちは全員、モザイクの映像を見るように目を細めてテレビを見ていた。・・・ただ、少し肌色が映っただけで何も見えてないのに大喜びのぼくたちって、今思えば可愛すぎぃ♪

今回の教訓・・・いつか努力は報われる(d゚ω゚d)オゥイェー♪


|彡サッ


posted by ぶー at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。