2009年10月06日

カップヌードル

今回はぼくの大学時代のことを書こうと思う。登場人物は今回も友人N♪


ぼくは友人数名とラウンジにいた。その中には友人Nもいた。そこで、どういう経緯か忘れたが、カップヌードルを3分間で食べれるかという話題になった。ぼくを含めたほとんどの友人たちが無理という中、全然大丈夫というつわものがいた。それが友人Nだった。そこで、ぼくたちは、友人Nと賭けをすることにした。賭けの内容は明日の昼食、もし食べきったら友人Nの昼食を全員でおごり、食べきれなかったら友人Nが全員の昼食をおごるという、多少バランスの悪いものであった。しかし、余程自信があったのか友人Nは即答でこの賭けにのってきた。

数分後、まだ汁の残った状態のカップヌードルとうなだれた友人Nがぼくたちの目の前にいたのは言うまでもない。


今回の教訓・・・己の力量を知ることは大事(d゚ω゚d)オゥイェー♪


|彡サッ

posted by ぶー at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。